日産のEV リーフ

JX日鉱日石エネルギーは、日産自動車と協力して電気自動車(EV)と家庭用燃料電池を連携した実証試験を実施すると発表した。

JXエネルギーが開発した世界最高の発電効率を有するSOFC型家庭用燃料電池『エネファーム』、日産が開発した電力を住宅へ供給することが可能なV2H(ビークル・トゥ・ホーム)対応のEV『リーフ』と、EV急速充電器を設置したENEOSサービスステーションでの「家とクルマの新しいエネルギー提案」に向けた共同実証試験を実施する。

実証試験はエネファームとEVという2つの環境対応製品を組み合わせることで、家とクルマのトータルでのエネルギーの低炭素化を目指すもの。JXエネルギーが住宅向けエネルギー機器の実証試験を行なっている「ENEOS創エネハウス」(横浜市港北区)で、2012年から開始する。

具体的には、家庭の消費電力が少ない時間帯にはエネファームで発電した電力でV2H対応EVを充電。家庭での消費電力をエネファームでは賄えない時間帯には、V2H対応EVから家庭へ電力を供給することでエネファームの稼働率向上を検証する。

また、ドライブ用の電力不足の回避にはEV急速充電ステーションを利用し、そこでの電力供給の一部に太陽光発電を用いることで、家とクルマのエネルギーの更なる低炭素化を実証する。

JXエネルギーは、2012年夏には家庭用の「オリジナル蓄電池システム」を使った自立・分散型エネルギーシステムの提供を開始する予定だが、これに加え、実証試験では、EVユーザー向けの自立・分散型エネルギーシステムの早期の実用化に向けて取り組む。

実証試験開始に先がけ、10月4日から8日にかけて幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2011」の特別展示『スマートコミュニティゼロ』の日産との共同出展ブースで実証試験のコンセプトを紹介する。