ヒュンダイ初の市販EVとして2010年9月に発表された『i10ブルーオン』

ヒュンダイモーターグループ(ヒュンダイモーターとその傘下のキアモーターズ)は9月28日、2014〜15年にかけて、新開発の小型EVを発売すると発表した。

ヒュンダイモーターは2010年9月、同社初の市販EVとして、入門コンパクトの『i10』をベースに開発した『i10ブルーオン』を韓国で初公開。2012年末までに、2000台以上の導入を目指している。

今回の発表は、このi10ブルーオンに続く次世代EV。現時点ではその詳細は明らかにされていないが、TAMプロジェクトの名の下に、ヒュンダイモーターグループの総力を結集。同社のコンパクトカーをベースにした、新型EVをリリースする。

発売時期は、キア版が2014年前半、ヒュンダイ版が2015年後半。同社は「今後、バッテリー性能の向上が図られたとしても、EVはコンパクトカーが主流になる」と説明している。