102EX《撮影 内田俊一》

ロールス・ロイス・モーター・カーズは日本で『ゴースト・エクステンディットホイールベース』を発表した際、『ファントム』をベースとした電気自動車『102EX』を同時公開した。

102EXはあくまでもエクスペリメンタルモデルであると話すのはロールス・ロイス・モーター・カーズチーフプロジェクトエンジニアのアンドリュー・マーティン氏。位置づけは、ロールスロイスの将来の代替ドライブトレインの可能性を探るためとし、生産化の予定はないという。

102EXは2011年3月のジュネーブモーターショーで発表された後、世界各地でユーザーやジャーナリストから未来のドライブトレインの未来について意見を収集するツアーを行ってきた。そのモデルが日本でも公開されたということは、日本市場を重要視していることが伺える。

この102EXは前述のとおり純粋な電気自動車で、ハイブリッドではない。「超高級セグメントでは初のバッテリー駆動の電気自動車として実現されたこのモデルは、2つの電気モーターと1つの71.5kWhの容量を持つバッテリーパックが搭載されています。バッテリーパックは乗用車に搭載したものとしては最大級のもの。実際に乗ると静粛性、そしてスムーズな走りに十分納得してもらえるでしょう」とマーティン氏は完成度に自信を見せた。

102EX《撮影 内田俊一》 102EX《撮影 内田俊一》 102EX《撮影 内田俊一》 102EX 102EX 102EX 102EX 102EX