ユーロファイター・タイフーン

航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の選定作業を進めている防衛省は9月26日、製造メーカーからの提案書の受付を締め切った。

応募したのは、米英などが共同開発中のロッキード・マーチン「F-35」、米ボーイング「FA-18E/F」、英・伊・西・独が共同開発した「ユーロファイター」の3機種。防衛省では11月末までに導入機種を決める。

「ユーロファイター・タイフーンは、日本の現在・将来の脅威を打破する優れた防空能力を有する」とメーカーのBAEシステムズは訴求する。すでに外国では量産および運用が開始されている。メーカーでは、日本国内の産業基盤維持と雇用確保を考慮して、ライセンス生産を行なうための技術開示が可能であるとする。

ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン ユーロファイター・タイフーン