ロッキード・マーチン F35

航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の選定作業を進めている防衛省は9月26日、製造メーカーからの提案書の受付を締め切った。

応募したのは、米英などが共同開発中のロッキード・マーチン「F-35」、米ボーイング「FA-18E/F」、英・伊・西・独が共同開発した「ユーロファイター」の3機種。防衛省では11月末までに導入機種を決める。

統合打撃戦闘機(JSF)、あるいは先進多用途戦闘機としても知られる「F-35ライトニングII」は、ステルス機能、超音速飛行、敏捷性を併せ持った第5世代戦闘機だ。標準型の通常離着陸機である「F-35A」、短距離離陸・垂直着陸機の「F-35B」、艦載機型の「F-35C」という3つの仕様を当初から設定している。

ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35 ロッキード・マーチン F35