ロールス・ロイス ゴーストEWBと102EX(奥)《撮影 内田俊一》

ロールス・ロイス・モーター・カーズは30日、『ゴースト』をベースにホイールベースを延長した『ゴースト・エクステンディットホイールベース(EWB)』を日本でも発表した。

発表会場において、ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア・パシフィック担当リージョナル・ディレクターのポール・ハリス氏は、日本市場について、「ロールスロイスのグローバルセールスの中でナンバーワンの位置を誇るアジアパシフィック地域。そのアジアパシフィック地域の中で日本は、2番目に大きな市場です」と位置付ける。

国別の売り上げトップはアメリカ、ついで中国、イギリス、アラブ首長国連邦、そして日本の順(2010年)となっている。ちなみにゴーストEWBのワールドプレミアは2011年の上海モーターショーだった。

日本発表会場においては、エクスペリメンタルモデルである『102EX』も日本初公開された。同氏は「日本は我々にとり、非常に重要なマーケットです。ユーザーが求めるものは何なのか、需要を探るために102EXを日本に持って来ました」という。102EXは、生産化の予定はない電気自動車であるが、将来の代替ドライブトレインの可能性を探るためのモデルであるとした。

ロールス・ロイス ゴーストEWBと標準ボディのゴースト(奥)《撮影 内田俊一》 ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア・パシフィック担当リージョナル・ディレクターのポール・ハリス氏《撮影 内田俊一》 ロールス・ロイス ゴーストEWB 《撮影 内田俊一》 ロールス・ロイス ゴーストEWB 《撮影 内田俊一》 ロールス・ロイス ゴーストEWB 《撮影 内田俊一》 102EX《撮影 内田俊一》 102EX《撮影 内田俊一》 102EX《撮影 内田俊一》 102EX《撮影 内田俊一》