シトロエンC4エアクロス

シトロエンは9月29日、新型クロスオーバーの『C4エアクロス』を発表した。『C4』の名前は冠しているものの、C4とは設計に関係のない小型クロスオーバーだ。

C4エアクロスは、PSA(プジョーシトロエン)と協力関係にある三菱自動車からOEM供給を受けるモデル。三菱『ASX』(日本名:『RVR』)がベースだ。シトロエンは2007年、三菱『アウトランダー』をベースにした『Cクロッサー』を発表。このCクロッサーに続いて、三菱から供給を受けるクロスオーバー車が、C4エアクロスである。

RVRがベースだが、シトロエンC4エアクロスは前後ドアを除いた外板のほぼ全てを専用設計。とくにフロントマスクには、最新シトロエン車に共通するアイデンティティが表現された。

欧州仕様では、エンジンはPSAが開発した「HDi」と呼ばれるターボディーゼルがメイン。1.6リットルが最大出力112ps、最大トルク27.5〜28.5kgm。1.8リットルは最大出力150ps、最大トルク30.6kgm。トランスミッションは、ともに6速MTだ。

また欧州では、三菱製のガソリンエンジンもラインナップ。1.6リットルの排気量から、最大出力116ps、最大トルク15.5kgmを引き出す。

また、欧州以外の市場向けに、ガソリン2.0リットルを設定。最大出力は150ps、最大トルクは20.2kgmを発生する。ガソリン車のトランスミッションは5速MTが基本で、2.0リットルにはCVTも用意した。

駆動方式は、エンジンによって、2WDまたは4WDを組み合わせ。4WDは三菱製のシステムで、路面状況や走行条件に応じて、前後間に最適な駆動トルクを配分する。

シトロエンC4エアクロスは、2012年3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショーで初公開。2012年春にリリースされる。

シトロエンC4エアクロス シトロエンC4エアクロス シトロエンC4エアクロス シトロエンC4エアクロス シトロエンC4エアクロス