参考画像:スズキ・アドレスV125S

日本自動車工業会が30日発表した8月の二輪車生産台数は、前年同月比3.7%増の4万8256台となり、4か月連続で前年を上回った。

車種別では、小型二輪車が同1.4%増の2万2561台と好調で、3か月連続プラスだった。軽二輪車は同25.7%増の1万1436台と大幅に伸びて、3か月連続で前年を上回った。

原付一種は同0.2%減の7987台と5か月ぶりのマイナス、原付二種は同12.6%減の6272台と低迷し、3か月連続でマイナスとなった。

8月の国内需要は同8.1%増の3万3515台と順調だった。輸出は同3.3%減だった。

メーカー別では、ヤマハ発動機を除く3社が前年を上回った。特に川崎重工業は同34.5%増と好調だった。