GMのエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EV、シボレー・ボルト

GMのエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EV、シボレー『ボルト』。同車が中国で現地生産される可能性が出てきた。

これは27日、米国の『The Detroit News』が報じたもの。同メディアによると、GMのダン・アカーソンCEOは27日、ニューヨークで講演し、「ボルトを早期に中国市場へ投入したい。中国の顧客の需要が大きいなら、ボルトを中国で生産するつもりだ」と語ったという。

ボルトは現在、米国ミシガン州デトロイトのハムトラムク工場で生産中。しかし、中国で現地生産すれば、ボルトの購入者には、中国政府による最大1万9000ドル(約145万円)の補助金が受けられる。これが、GMが現地生産を検討する大きな理由だろう。

しかし、中国でのEV現地生産に当たって、中国政府は現地合弁パートナーへの技術移転を求めていると伝えられる。これに関して、アカーソンCEOは、「現時点では中国政府や合弁パートナーの上海汽車から、そのような要請は受けていない」と述べたとのことだ。

ボルトの中国現地生産の可能性を伝えた米『The Detroit News』