住友電工が開発したCHAdeMO仕様急速充電器コネクタ付ケーブルのフィールド試験

住友電気工業が開発したCHAdeMO仕様の電気自動車(EV)急速充電器用コネクタ付ケーブルが、東京電力の事業所内にあるCHAdeMO仕様急速充電器に装着され、フィールド実用性評価が行われている。

CHAdeMOは、急速充電規格の一つで、東京電力や国内の自動車・充電器メーカー、行政などが加入するCHAdeMO協議会が標準化を進めている方式。

東電がフィールド試験しているEV急速充電器用コネクタ付きケーブルは、CHAdeMO仕様に適合したもので、コネクタ本体には軽量アルミ合金を、ケーブルには曲げやすいゴム被覆タイプを採用することで、高い操作性を実現した。先進的なEVにマッチするよう、デザイン性にも配慮した。

急速充電では、一般の家電製品と比べて大きな電気エネルギーを伝送する機器を操作するため、高い安全性が求められる。急速充電器は、一般も広く使用する。

このため、住友電工は今回のフィールド試験までに数々の確認・評価を実施、安全性に関する検討結果を製品に反映させてきたとしている。今後、フィールド試験の結果も踏まえ、早期の製品化を目指す構え。