屋外実験機(子機)

パナソニック電工は、2012年度に割り当て予定の900MHz帯特定小電力無線に適した無線通信方式を開発し、スマートメーター通信システムの実用化に向けた実証実験を9月から本格的に開始したと発表した。

昨今、太陽光発電や蓄電池、電気自動車(EV)の充電設備などの創蓄エネルギー機器とこれらを制御する住宅用エネルギーマネジメントシステムへの関心が高まっている。創蓄エネルギー機器の普及に伴って電力消費の可視化やバランスのとれた電力需給を実現するため、通信機能を備えたスマートメーターが必要になってくる。

同社はこれまでスマートメーター用として電力線(PLC)方式や400MHz帯無線方式の通信技術を開発してきた。今回、PLC方式で培ってきた「高効率マルチホップ通信技術」を2012年度に割り当て予定の900MHz帯の無線方式に応用、複数の無線セルで構成されるエリア的なスマートメータ間通信に適した「自律分散型セル最適化技術」も新たに開発した。

これらを使って実用化に向けたさまざまな検証を目的とした実証実験を開始した。

今回開発した技術は10月4日から8日まで幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2011」のパナソニックブースで紹介する予定。