愛知製鋼は、レアアースであるディスプロシウムフリーで、ネオジム使用量を30%低減したボンド磁石「マグファイン」を開発・量産開始した。

新合金マグファインは、ネオジム系異方性ボンド磁石である従来のマグファインに、ディスプロシウムを添加しないで、保磁力性能を高めたもの。保磁力の高いこの磁粉は、150度の高温環境で使用可能で、自動車用をはじめ、さまざまな分野のモータの小型化が図れる。さらに高保磁力特性を活かして磁石成形形状を30%薄肉化できるため、ネオジム使用量も3割低減できる。価格が急上昇しているレアアースの使用量を大幅に減らすことが可能となり、コストも削減できる。

9月から磁石厚みを30%薄肉化した電動工具向けのリング磁石の量産を開始した。年内には、自動車用パワーウィンドウ、リアーワイパーなど向けに、このマグファイン磁石の生産を開始する予定。新型マグファインは、2012年9月に月産50トンを生産する計画。

今後、ABSやEPS(横滑り防止装置)、燃料ポンプ用など、自動車用ユニット系モータへの拡大や、電動バイクや小型発電機用モータなどへの応用を目指す。