いすゞ自動車は、タイで1トンピックアップ・トラック『D-MAX』をフルモデルチェンジして10月上旬から販売すると発表した。

新型D-MAXは、ピックアップ・トラックとしての力強さ、しなやかさを兼ね備えたスタイリングと、空力特性の向上を両立した新デザインを採用した。環境性能や、安全性能も向上するため、プラットフォームも一新した。

エンジンはVGSターボ付3.0リットル・コモンレールディーゼルエンジン1機種、2.5リットル・コモンレールディーゼルエンジン2機種で、駆動方式は2WD/4WDの2種類、変速機は5速マニュアルトランスミッション/5速オートマチックトランスミッションの2種類を設定する。車型はサイドアクセスパネル採用のスペースキャブ、乗用向けのクルーキャブ、商用向けのレギュラーキャブの3車種を設定、幅広いニーズに対応する。

D-MAXは、タイ国内では主流のピックアップ・トラック市場で、トップクラスのシェアを持つ。いすゞの1トンピックアップ・トラックの累計販売台数は、1974年に現地生産を開始以来、214万台に達している。

また、タイで生産するD-MAXはワールドワイドピックアップとして世界約100か国に輸出している。

いすゞは、昨年4月にピックアップ・トラックの開発の主体をタイ子会社の泰国いすゞ自動車に移管しており、新型D-MAXがこの最初のモデルチェンジ車となった。いすゞは今後も市場のニーズにマッチした商品を市場に投入していくと、している。