いすゞ自動車は、タイのピックアップ・トラック輸出事業を強化するため、いすゞモータース・インターナショナル・オペレーションズ・タイランド(IMIT)を連結子会社化した。IMITを全世界向けいすゞのピックアップ・トラックの輸出拠点とする。

いすゞはこれまで、日本とタイの両方でピックアップ・トラックの輸出やアフターセールス業務を手掛けてきたが、これをIMITに集約する。

IMITはいすゞの子会社が51%、三菱商事の子会社が49%出資する。

ピックアップ・トラックの開発・生産拠点のあるタイにピックアップ・トラックの輸出業務を集約することで、効率化するとともに、ピックアップ・トラックに特化した商品提案やサービス、補修部品供給などの機能を強化する。

いすゞはタイでピックアップ・トラックの開発・生産・輸出の機能を完結する体制をとり、世界各国に迅速で、きめ細かな対応を展開する体制を整える。