イメージ

26日午前2時ごろ、徳島県吉野川市内の国道192号で、路肩を自転車で進行していたとみられる84歳の男性がクルマにはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。クルマはそのまま逃走しており、警察ではひき逃げ事件として捜査を開始している。

徳島県警・吉野川署によると、現場は吉野川市山川町付近で片側1車線の直線区間。男性は自転車に乗って道路左側の路肩を進行していたが、そこに後ろから進行してきたクルマが追突したものとみられている。

男性は通行人が発見して警察に通報。近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因で約5時間後に死亡した。クルマはそのまま逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

現場には容疑車両のものとみられるブレーキ痕が残されており、警察では車種の特定を急いでいる。