26日午前10時30分ごろ、大阪府大阪市天王寺区内にある大阪市交通局のバス操車場で、事故対応を行っていた48歳の男性職員が、男に包丁で胸を刺される事件が起きた。男性は死亡。警察は20歳の男を殺人未遂の現行犯で逮捕している。

大阪府警・天王寺署によると、現場は大阪市天王寺区悲田院町付近にある「大阪市バスあべの北操車場」内の事務棟。同日午前10時ごろ、「市バスと接触事故を起こした」と主張する20歳の男が面会予約の無いまま来訪。事故対応を担当する48歳の男性職員が呼ばれ、話を始めようとしたところ、男は隠し持っていた包丁で男性の胸部をいきなり刺したという。

危険を感じた同僚が近くにあった台車に男性を乗せ、JR天王寺駅へ向けて逃走。男は包丁を持ったまま追いかけようとしたが、通報を受けて駆けつけた警官に包囲されて投降。殺人未遂の現行犯で逮捕された。

男性はその後、近くの病院へ収容されたが、出血性ショックが原因で同日午後に死亡。警察は男の容疑を殺人容疑に切り替え、捜査を続けている。

逮捕された男は22日の午後8時ごろ、JR天王寺駅近くの交差点を自転車で横断していた際、交差点を右折してきた市バスにクラクションを鳴らされたことで立腹。このバスを自転車で追いかけ、後部を足で蹴ろうとしたが、バスが加速したことで不発に終わった。しかし、その直後にバランスを崩して路上駐車していたタクシーに接触。さらにバスの側面に衝突して転倒した。自転車はこの際に破損。男は「事故だ」と主張し、修理代などの補償を求めていたという。

だが、交通局に対して当該のバス運転手は「赤信号で交差点を渡ろうとした歩行者に対してクラクションを鳴らしたが、右方向から進行してきたという自転車には気がつかなかった」と説明。その後の接触は認めているものの、「蹴ろうとしたがバスが加速して避けた。そのせいでバランスを崩した」という男の主張についても「わからない」といているようだ。

警察では男がクラクション鳴動や、その後の対応について逆恨みした交通トラブルが事件の発端として、関係者からさらに事情を聞いている。