ホンダ・フィットシャトル

ハイブリッドのよさは、燃費のよさ。だったらなにも1.5リットルのノーマル車なんて作らなくてもいいじゃんか。もっとも、HVに4WDは設定できないから、設定できるノーマル車も必要なんだろうけど。そんなことを思いながら重い腰をあげ、まるで「好きな役者のそっくりさんで我慢するか」というような気分で、FFの1.5リットルを試乗するも、すぐにそれは思い上がりであることに気づく。

モーターの後押しがなくても、すうっと加速していく初速のよさ。そりゃ、乗り比べれば加速感はHVに劣るのだろうが、これだけを乗っていれば、これで十分でしょというくらいに速い、いや、軽い。しかも、こうしたカーゴ系のクルマに求められるのは、荷物スペースのキャパとあれば、そういう意味でもHVシステムを積んでいない1.5リットルエンジンのほうが、床下収納が大きく物も入って使いやすいのである。

燃費のよさで浮くガソリン代と車両本体価格をどう考えるか。いや、車両重量の重いHVのほうがブレーキもタイヤも減りやすいんじゃないの? ってなことを考えていくと、『フィットシャトル』は1.5リットルだけでもいいんじゃないの? と、日本全国HV祭りに水を差すような気持ちさえ沸き起こる。「エコカー=ハイブリッド」だけではないってことを、このクルマのびみょーなグレード構成が物語っているような気がします。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★
オススメ度: ★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 北島友和》