カロッツェリアTS-Z1000RS

パイオニアは、高音質カースピーカー「RS シリーズ」の新モデル『TS-Z1000RS』、『TS-S1000RS』、『TS-W1000RS』を11月上旬より発売開始する。

RSシリーズは、トランジェント特性を高め、ワイドレンジ化するとともに不要共振・固有振動を排除することを設計思想として、原音再生を追求しているカロッツェリア スピーカーのハイエンドモデル。

今回の新シリーズでは、縦弾性係数が高く、適度な内部損失特性を持つクロスカーボン振動板や、高精度切削パーツを使用した磁気回路、高比重・高剛性の亜鉛素材ダイキャストフレームを採用するなど素材や構造を一新。高音質化を実現している。

また、スピーカーシステムの基本となる「2ウェイスピーカーシステム」と、さらに音質を高めるための「ミッドレンジ」、「サブウーファー」をラインアップし、システムを構築しやすくしている。

価格は2ウェイスピーカーシステムTS-Z1000RSが29万4000円(4個1組)、ミッドレンジTS-S1000RSが12万6000円(2個1組)、サブウーファーTS-W1000RSが12万6000円。