ホンダ・フィットシャトル・ハイブリッド助手席回転シート車

ホンダは、10月5日から10月7日まで東京ビッグサイトで開催される「第38回国際福祉機器展」に、「ホンダ・テックマチックシステムDタイプ(フロア式)」を装着した『フィットシャトル・ハイブリッド助手席回転シート車』などを出展する。

今回のホンダブースでは、より多くの人に移動の喜びを提案したいという想いから「Fun for Everyone. Honda」をテーマに、身体の状態に合わせて選択できる運転補助装置のホンダ・テックマチックシステムを搭載した車両を紹介する。

また、現在日本では同社だけが提供できる、両上肢に障がいのある人が両足だけで運転操作が可能な足動運転補助装置「ホンダ・フランツシステム」のモジュールや、各種介護車両などを展示する。

今年6月に発売したフィットシャトル・ハイブリッドは、ガソリン車に加え、ホンダとして初めてハイブリッド車にも助手席回転シートを設定した。スムーズな乗降性と、高いホールド性や快適性を備えた専用設計のシートを装備する。

ホンダ・テックマチックシステムの開発では、利用者の意見を参考に徹底的な改善を重ね、障がいのある人に運転する楽しさや快適性を提供する商品を目指した。

ホンダ・ライフ助手席リフトアップシート車