日産ティーダ新型(上海モーターショー11)《写真 工藤貴宏》

日産自動車が発表した8月の生産・販売・輸出実績によると、グローバル生産台数は、前年同月比23.9%増の38万5112台と大幅プラスで8月として過去最高となった。

国内生産は、国内販売の低迷の影響で同2.5%減の8万9262台と前年を割り込んだ。

海外生産は同34.9%増の29万5850台と8月として過去最高だった。同社の生産台数が最大の中国が9万4940台、同42.2%増と急増し、国内生産を超えた。8月として過去最高だった。メキシコや米国、英国、スペイン、その他地域と全地域で伸びた。

国内販売は同19.2%減の4万4530台と落ち込んだ。前年の8月がエコカー補助金終了前の駆け込み需要があったため、反動で落ち込んだ。

輸出は同34.1%増の5万7848台と大幅に増加した。北米が同88.0%増、欧州が同43.1%増と伸びた。

日産セレナ・ハイウェイスターVセレクション