マツダ・アクセラ改良新型。統計に貢献するのはこれからか。

マツダが発表した8月の生産・販売状況によると、世界生産台数は前年同月比3.1%減の9万4052台となり、前年同期を下回った。

国内生産は、同5.6%増の6万8449台と6か月ぶりに前年を上回った。東日本大震災による部品不足が解消し、自動車生産も回復した。

海外生産は『アテンザ』が大幅に落ち込み、同20.6%減の2万5603台と低迷した。

国内販売は同40.8%減の1万5642台と低迷した。国内生産は回復してきたものの、新車の供給に時間がかかっているため。シェアは前年より1.5ポイントダウンして4.7%となった。

輸出は同21.3%増の5万8475台と大幅に伸びた。主力の北米向けが同51.1%増となったのに加え、欧州向けも同13.7%増と伸びた。

マツダCX-5。同じく新登場。