ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(20.8km)を量産メーカーの市販車最速の7分12秒13で周回したダッジバイパーSRT10 ACR

8月31日、ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(1周20.8km)で、レクサス『LFA』の「ニュルブルクリンクパッケージ」が、7分14秒64という量産メーカーの市販車最速タイムを記録。この記録の更新が、クライスラーグループから告げられた。

27日、クライスラーグループは、「ダッジブランドのスポーツカー、『バイパー』のスパルタン仕様、『バイパーSRT10 ACR(アメリカンクラブレーサー)』が14日、ニュルブルクリンクでタイムアタックを行い、7分12秒13というタイムを記録した」と正式発表したのだ。

これは、レクサス「LFAニュルブルクリンクパッケージ」の7分14秒64を、2秒以上短縮する量産メーカーの市販車最速タイム。バイパーSRT10 ACRは2008年8月、ニュルブルクリンクでタイムアタックを行い、7分22秒1をマークしているが、この時のタイムを約10秒も短縮した。

バイパーSRT10 ACRは、フロントに積んだ最大出力600ps、最大トルク77.5kgmというパワフルな8.4リットルV型10気筒ガソリンエンジンを、6速MTと後輪駆動で操る古典的アメリカンスポーツ。サーキット用の足回りを組み込み、軽量化も推進したスパルタングレードだ。もちろん、公道走行に必要な法規を満たす。

今回のタイムアタック、ルマン24時間耐久などに参戦した経験を持つドイツ生まれのドミニク・ファーンバッハー選手が担当。クライスラーグループのSRT(ストリート&レーシング・テクノロジー)部門、ラルフ・ギレス社長兼CEOは、「今回の新記録達成を誇りに思う」とコメントした。

バイパーの生産は2010年7月に終了しているが、今なお高い実力をアピールしたといえそうだ。

ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(20.8km)を量産メーカーの市販車最速の7分12秒13で周回したダッジバイパーSRT10 ACR ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(20.8km)を量産メーカーの市販車最速の7分12秒13で周回したダッジバイパーSRT10 ACR ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(20.8km)を量産メーカーの市販車最速の7分12秒13で周回したダッジバイパーSRT10 ACR ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(20.8km)を量産メーカーの市販車最速の7分12秒13で周回したダッジバイパーSRT10 ACR