フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》

あまりのでかさに思わず後ずさる気の小さい私である。でも、この大きさを眼前にして、びびらない人は少ないと思う。だって左ハンドルだし。

このところ輸入車はすべて、右ハンドル化が進み「いやあ、左ハンドルだから左手が日に焼けちゃって」という自慢はエアコンすらない時代の化石状態。けれど、『エクスプローラー』は堂々の「左ハンドル」売りである。

もちろん右ハンドル開発費の問題もあるだろうが、しかしコレを乗ろうという人は、思いっきりアメリカを堪能したいという人で、ちまちまと右ハンドルで便利を享受している場合ではないというのを、フォードもわかっているのだろう。

右前方の視界が確保できないことの不慣れさと怖さはそうとうなもの。しかしエクスプローラーの場合、ブレーキペダルまで位置調節ができドラポジがしっかりできるうえ、数々の電子機器、カメラの類でもって死角を徹底的につぶしていている。ゆえに、運転しはじめて一時間もすると怖さがじわじわと楽しさに変わってくる。そう、大きな機械を自在に操作する面白さが押し寄せてくるのだ。

ゆったりとしたサスペンション。徹底的にアメリカの大陸を想像させるトルクあふれる走り。ゆったりと体を受け止めるシート。タッチパネル式のインテリアが、無骨なSUVをほんのりと最新鋭のお洒落へと色づける。この大きさを無理と思うか楽しいと思うか。なんだか人生観を試されているような選択を迫られる。でも、長い人生、いちどはこういうクルマで豪快な日々を送るのは絶対、悪くないと思うよ。

■5つ星評価
パッケージング:★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》