MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》

MINI第5のモデルとなる『クーペ』が日本でも正式に発表となった。211psを発揮し、歴代MINIの中でも最速となる最上級グレード「ジョンクーパーワークス(JCW)」も同時にラインナップした。富士スピードウェイでお披露目となった同車を写真で紹介する。

クーペ・ジョンクーパーワークスは、1.6リットル直4ターボのN14B16Cエンジンを搭載。最高出力は211ps/6000rpm、最大トルクは260Nm/1850-5600rpmを発揮。オーバーブースト時には最大トルクは280Nmまで高められる。0-100km/h加速は6.4秒、最高速は240km/hと、歴代MINI最速を誇る。

ボディサイズは、全長3715mm×全幅1685mm×全高1380mm、ホイールベースは2465mm。JCWエアロダイナミックパッケージを標準装備としており、全長のみ「クーパー」、「クーパーS」の3745mmより30mm短い。

このほか、レーシングストライプ、17インチアロイホイールなどJCWならではの装備を採用。クーペでMINIモデルとして初採用となったトランクリッドのアクティブ・リア・スポイラーももちろん標準装備となる。

MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》 MINI クーペ ジョンクーパーワークス《撮影 宮崎壮人》