アルファード・ハイブリッドSR Cパッケージ ゴールドパールクリスタルシャイン〈オプション装着車〉

トヨタ自動車は『アルファード』と『ヴェルファイア』をマイナーチェンジし、11月1日より発売する。また、両車種にハイブリッドモデルを追加設定。それぞれ11月21日より発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやフロントバンパー、リヤガーニッシュ、バックランプをデザイン変更。力強い外観に加え、外板色にライトブルーメタリック、ダークバイオレットマイカメタリック、ダークブルーマイカを新設定。また、内装はスピードメーターデザインやシート表皮、木目色の変更により、高級感をさらに高めている。

さらに、車両周辺を真上から見たような広範囲の映像を表示し、安全運転をサポートするトヨタ初となるパノラミックビューモニターをオプション設定したほか、オートマチックハイビーム、運転席オートスライドアウェイ、快適な車内空間を提供するナノイー、スーパーUVカットガラスなど、先進・機能的な装備を新たに設定している。

また、今回、ユーザーからの要望が多かったハイブリッドモデルを追加設定。リダクション機構付のトヨタハイブリッドシステム2の採用により、エンジン音や振動を徹底的に抑制し、高い静粛性を実現するとともに、2.4リットル直列4気筒エンジン「2AZ-FXE」とE-Four(電気式4輪駆動)の組み合わせにより、パワフルな加速と高度な操縦安定性を獲得。

また、10・15モードで19.0km/リットルの低燃費を実現。2010年度燃費基準+25%とあわせ、2015年度燃費基準を達成するとともに、排出ガスについても2005年基準排出ガス75%低減レベルの認定を取得している。

価格は、アルファード、ヴェルファイアともに300万円-462万円。ハイブリッドモデルが395万〜565万円。月販目標はアルファードが4000台、ヴェルファイアが5000台。

ヴェルファイア・ハイブリッドZR G EDITIONダークブルーマイカ〈オプション装着車〉