震災復興支援で提供する蓄電池システムとLED電球

デンソーとトヨタホームの2社は27日、震災の復興支援に役立てるため、蓄電池システム20台とLED電球を岩手県、宮城県、福島県に2年間を目処に無償貸与すると発表した。

今回提供する蓄電池システムは、トヨタホーム、デンソー、ミサワホーム、新神戸電機の4社で共同開発。電力を最大5kWh充電することができる鉛蓄電池に電力制御装置を搭載したもの。

停電時のバックアップ電源だけではなく、電力制御装置によって電力を夜間に充電し、電力消費量の多い日中に使用することも可能。使用電力のピークシフトへの貢献が期待できる。