ダイハツ・ミライース

アドヴィックスは、停止前アイドリングストップ機能に協調するブレーキ制御モジュレータを新たに開発した。このシステムは、ダイハツ工業の新型軽乗用車『ミラe:S(イース)』に搭載されている。

アイドリングストップは、停車時に自動でエンジンをストップさせ、発車時には自動で再始動させるシステム。今回開発した停止前アイドリングストップ機能は、車両が完全に停止する前からエンジンをストップさせることで、燃費をさらに向上、環境負荷を低減させる。

今回開発したアイドリングストップ協調ブレーキ制御モジュレータは、ESCモジュレータをベースに、新たなソフトウェアを追加した。各種センサからの情報を基に車両挙動やエンジンの作動状態、ドライバーの操作を検知して、必要に応じてブレーキ油圧を自動で制御することで、アイドリングストップ作動状態から車両が停止するまでの安全性を確保する。

ダイハツ・ミライース発表会《撮影 宮崎壮人》 新eco IDLE