ジャン・アレジ選手

日本でもおなじみの元F1ドライバー、ジャン・アレジ選手。同選手が2012年5月、米国で開催される「インディ500」に参戦することが決定した。

これは23日、アレジ選手がブランド大使を務める英国のグループロータス(ロータスカーズの親会社)が発表したもの。アレジ選手はグループロータスとともに、2012年の第96回インディ500に出走することが明らかにされた。

アレジ選手は1989〜2001年の12年間、F1に参戦。その後、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)で活躍した。2010年はルマンシリーズにエントリーしている。

2011年1月には、グループロータスのブランド大使に任命。「ほとんどF1」と言われたサーキット用マシン、「T125」の開発に参画した。

インディ500への参戦決定を受けて、アレジ選手は、「世界的な有名レースに参戦する機会を与えてくれたグループロータスに感謝したい。レースには今から興奮しているよ」とコメントしている。