フコクは、連結子会社であるサイアムフコクがワイパー部品製造のための新工場建設場所を変更すると発表した。

サイアムフコクは今年1月、タイ国コーンケン県に工場を建設すると発表したが、建設予定の用地よりも好条件の用地を取得する目処が立ったことから、新工場建設用地をタイ国ナコンラチャシマ県に変更する。

敷地面積は変更前とほぼ同じ6万6508平方m。新たな工場建設用地を確保したナコンラチャシマ県の工業団地にはサイアムフコクの既存工場、コラート工場があり、コーンケン県の用地と比較して既存工場とのコラボレーションが容易になるとともに物流コスト低減などのメリットがあるため。

工場建設場所を変更しても2012年7月以降の稼働開始予定は変更しない。