フコクは、子会社の東京ゴム製作所がインドネシア共和国ジャカルタに工業用ゴム製品を調達・販売する現地法人を設立すると発表した。

東京ゴム製作所は現在、主に自動車用ゴム部品を製造・販売しているが、主要納入先の日系自動車メーカーがインドネシアへの進出を加速していることや、現地調達化しているのに対応し、商権の維持・拡大を図るとともに、成長市場として今後も大きな成長が見込まれるインドネシアに営業拠点を進出する。

新会社は「PT.TRIM・ラバー」で資本金は10万ドル(約770万円)。東京ゴムが100%出資して2012年1月中に設立する予定。