日立コンシューマ・マーケティングは、正興電機製作所製の蓄電システムを一般家庭、小規模店舗、企業などに向けて10月下旬から発売すると発表した。

日立コンシューマは電気自動車(EV)向けの充電スタンドに続いて蓄電システムも「エネタス」と名づけ、環境価値創造企業として生活シーンをより快適にする提案を進める。

新たに発売するシステムは、分電盤に直接接続し、平常時にはピーク時の電力使用量を抑制、停電時には非常用電源として自動で電気を供給することができる。蓄電池の総容量は7.8kWhで、冷蔵庫、照明、テレビなど、家の中で必要な電気製品を長時間使用することが可能。

また、太陽光発電システムを設置すれば、長時間の停電時に太陽光発電システムを自立運転に切り替えることで、太陽光で発電した電気をシステムに充電することもできる。

日立コンシューマ、正興電機は今後も連携しながら蓄電システムの拡販でスマートハウスの実現を目指す。

今回のシステムは10月4日から8日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「CEATEC JAPAN2011」に出展する。