東芝は26日、グループ会社であるアンサルドT&Dが、イタリア共和国ローマ市配電・水道公社であるアチェアから太陽光発電システムや蓄電池などで構成するスマートグリッドシステムを受注したと発表した。

アンサルドは12月から据付を順次行い、アチェアが2012年春までに運用を始める予定。

今回アンサルドが納入するシステムは10kWの太陽光発電システム、蓄電池として45kWhの東芝製二次電池「SCiB」、電気自動車用給電スタンドとこれらを制御するグリッド監視制御システムなどで構成する。

システムはアチアが太陽光発電システムと蓄電池を有効活用して電気自動車用充電スタンドに電力を供給するもので、ローマ市のラフィネリエ変電所内に設置される。

このシステムでの太陽光発電システムの発電状況と蓄電池の蓄電状況、充電スタンドの充電状況に関するデータをリアルタイムに送信するスマートメータは、東芝グループのランディス・ギアの製品が用いられる予定。

東芝グループでは今回の受注を機に、アンサルドとランディス・ギアが連携し、今回の設備導入と電気自動車向け充電システムの運用から得られるノウハウを蓄積、今後の商用設備の受注活動に役立てていく計画だ。

今後、ローマ市以外のスマートグリッド案件の拡販にも注力し、イタリアを中心として欧州でのスマートコミュニティ・スマートグリッド事業を拡大していく構え。