スタート直後、集団をリードするベッテル(F1シンガポールGP)

F1唯一のナイトレース、シンガポールGPでレッドブルのセバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウインを達成。チャンピオン決定は10月9日の日本GPへと持ち越され、ベッテルはマジック1で鈴鹿に乗り込んでくることとなった。

トップはポールポジションからスタートしたベッテルが後続をぐんぐん引き離し、セーフティーカー導入にもまったく動じず今季9勝目を飾る。レースは2位以下の順位争いに注視された。序盤の2位はマクラーレンのジェンソン・バトン、3位はフェラーリのフェルナンド・アロンソが堅守。スタートに失敗したマーク・ウェーバー(レッドブル)は2番グリッドから4位に落ちる。

レースの30周目、ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)がセルジオ・ペレス(ザウバー)に乗り上げて激しくクラッシュし、セーフティーカー導入。その後、バトンが終盤に向けてペースアップを図ってベッテルを追い詰めたものの、ベッテルはギャップを見ながら完全にレースをコントロールする余裕が見られた。3位はアロンソをコース上でオーバーテイクしたウェーバーがゲット。日本GPを前に弾みをつけたかった小林可夢偉(ザウバー)は、青旗無視のペナルティを課せられたりで14位でレースを終えている。

以下は、ポイントゲットを果たしたトップ10ドライバー。1位:ベッテル、2位:バトン、3位:ウェーバー、4位:アロンソ、5位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、6位:ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、7位:ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、8位:エイドリアン・スーティル(フォースインディア)、9位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)、10位:セルジオ・ペレス(ザウバー)

バトン(マクラーレン、F1シンガポールGP)《写真 ピレリ》 ウェーバー(レッドブル、F1シンガポールGP) アロンソ(フェラーリ、F1シンガポールGP) 小林可夢偉(ザウバー、F1シンガポールGP) F1シンガポールGP表彰台