ホンダ次世代グローバル700CCエンジン《撮影 小松哲也》

ホンダの大山龍寛取締役専務執行役員は26日に技術公表した700ccエンジンを搭載する二輪車について、「先進国の二輪事業そのものが非常に厳しい中で、これをひとつの起爆剤にしたい」との考えを示した。

大山専務は同日行った二輪車用低燃費エンジン技術発表会後、一部報道陣に対し語った。大山専務は新開発した700ccエンジンを日米欧など先進国向けのスポーツモデルに搭載し、全量を熊本製作所で生産することを明らかにした。

新エンジン搭載モデルの開発は4年前に着手し、市販化の際の想定為替レートを1ドル=90円、1ユーロ=125円を前提にしていたという。大山専務は「大変厳しいが、車の売り方や、値付けの仕方を変えるつもりはない」と明言。

その理由として「これを熊本生産モデルの一番のコアにしたい。変に為替を考えて、値段を上げて台数を落とすよりも、この車のコンセプトをヨーロッパおよび先進国で受け入れられてもらうことを、まず第一に考えたいと思っている」と述べた。

ホンダ・大山龍寛取締役専務執行役員《撮影 小松哲也》