ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要

ホンダは、耐久性と燃費性能を高めた125ccスクーター用エンジンを開発した。新型エンジンは、2012年以降、世界各国で販売する125ccスクーターのさまざまなモデルに搭載する。

新開発の125ccスクーター用エンジンは、水冷・4ストローク・単気筒で、軽量・コンパクト化を図るとともに、低フリクション技術を採用する。燃費性能は、同排気量のスクーター用エンジンと比較して約25%向上した。

新型エンジン開発にあたっては、実用性を重視した力強い出力特性と耐久性のさらなる向上や、次世代のグローバルスタンダード・エンジンにふさわしい燃費性能、新興市場も視野に入れた低コスト化を重視した。

オフセットシリンダーやローラーロッカーアームなどの低フリクション技術、知能化された発電制御による発電時のフリクション低減、ロッカーアームシャフトにシェル型ニードルベアリングを初採用するなど、さまざまな手段で低フリクション化を図った。

また、125ccスクーターの実用域のトルク特性を重視。エンジンに適した燃焼速度や冷却性を考慮したコンパクトな燃焼室設計とした。吸気ポートと燃焼室のつながりを混合気の流れを阻害しないよう滑らかな形状とした新設計の吸気ポートを採用。燃焼室を効率的に冷却するウォータージャケットや高効率のラジエーターなどによるノッキングタフネスの向上により点火時期の最適化にも取り組んだ。

さらに、セルフスターターとダイナモ(発電機)を兼用する電子制御式ACGスターターによるスムーズで静粛性の高い上質な始動と先進のアイドリングストップ・システムの搭載を可能にした。知能化された電子制御により、発電時のフリクションを低減し低燃費を実現する。

ワイドレシオのVベルト式無段変速機構には、新開発となる高弾性ゴムのドライブベルトを採用。このほか、耐久性の向上とともにベルトにかかる側圧を最適化し、効率良く駆動力を伝達することで低燃費と静粛性の両立を図った。

ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要 ホンダが開発したスクーター用新型エンジンの概要