お披露目された耳カー耳つながりゲストのマギー審司さん(右)《撮影 中島みなみ》

高さ2メートルを超える巨大な耳を持つ「耳カー」(みみかー)が、都内各所に出没する。この耳カーのお披露目を兼ねた除幕・出発式が26日、都内で行われた。

耳カーは、日本自動車工業会、エフエム東京とJ-WAVEの3社が共同で製作した「東京モーターショー2011」のPRカーだ。赤を基調とした暖色系のTOKYO FM車両と、黄色と青を基調とした寒色系のJ-WAVE車両の2台がある。

どちらもワンボックスタイプのファミリーカーだが、左右の後部ドア外側に、人の耳を模ったERP製の「耳」が付いている。その大きさは幅140cm、高さ210cm。組み立て式ではなく、移動するときも取り付けたまま走ることができる。

モーターショーは12月2日から11日までの開催だが、その開催期間中まで、耳カーと番組レポーターが都内を巡回して、立ち聞きならぬ「クルマ聞き」で、クルマ社会の未来に向けた意見を拾い集める。鼓膜にあたる部分にマイクが埋め込まれ、この耳に向かってささやくと、その声がきれいに録音される仕組みだ。

耳目を集める改造だが、人を傷つけるような鋭い突起がなく、ミラーの視認性も考慮されている。車両は普通車扱いで、唯一の変更点は、ベース車両は5ナンバーだが、耳カーは3ナンバーであること。これは耳の分だけ車幅が広がっているためだ。

録音された声は、TOKYOFM「シンクロノシティ」(16時〜18時45分)とJ-WAVA「CIRCUS CIRCUS」(サーカスサーカス・16時30分〜20時)の番組で紹介するほか、ウェブサイトやモーターショー会場でも披露される。

お披露目された耳カー。手前がJ-WAVE耳カー、奥がTOKYO FM耳カー《撮影 中島みなみ》