GMの中国合弁、上海通用(瀋陽)北盛の新工場起工式

GMの中国合弁、上海通用(瀋陽)北盛は23日、遼寧省瀋陽市において、新工場建設の起工式を行った。

上海通用(瀋陽)北盛は、2004年に設立。上海GMが50%、GMチャイナと上海汽車(SAIC)が、それぞれ25%ずつを出資し、ビュイックブランドのミニバン、『GL8』やシボレーブランドの小型セダン、『クルーズ』を生産している。

今回起工式を行った新工場は、遼寧省瀋陽市に建設。70億元(約840億円)を投資し、2014年に稼働する予定で、年間30万台の完成車と45万基のエンジンを生産する。完成車は、上海GMを通じて販売される計画だ。

新工場は、敷地面積が約2平方km。プレス加工から塗装、組み立てまでの各工程を備える一貫工場となる。完成すれば、中国北東部における乗用車の工場としては、最大規模となる。

GMチャイナのケビン・ウェール社長は、「新工場はGMの中国5か年計画において、重要な役割を担う」と述べている。