2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子

レッドブルは、2012年3月17日に、東京都江戸川区の葛西臨海公園にて「レッドブル・ボックスカートレース」を開催。同レースへの参加募集を10月5日より開始する。

レッドブル・ボックスカートレースは、手作りのカートを使って、カーブやジャンプ台が設置された坂道コースを駆け抜けるレース。

日本では、2009年10月に東京都臨海副都心の夢の大橋で初開催され、全国から600を超える応募の中から選ばれた77チームが参加、各チームのアイディアとユーモアセンス溢れる自作カートやパフォーマンスで会場を盛り上げ、2万人以上の来場者を記録した。

レースでは、タイムに加えて、カートのオリジナリティーと完成度、ドライバーとチームのパフォーマンスの3つの基準で競われる。今大会への参加は、チーム制で1チーム4人まで登録可能。

優勝チームには賞品として、2012年に開催されるF1グランプリの中から選択した1戦分の観戦ツアー(チーム全員分の航空券、宿泊、観戦チケット)、または賞金100 万円が贈られる。

2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子 2009年に日本で初開催されたレッドブル・ボックスカートレースの様子