BMX X3《撮影 内田俊一》

BMWは近年「エフィシェントダイナミクス」という、より少ないエネルギーと低排出ガスで、パワーと走りを最大限に高めるという企業理念を持っている。その考えは当然新型『X3』にも採用されており、最大の特徴が「エンジンオートスタートストップ」機能だ。

マーケティングディビジョンプロダクト・マネジメントプロダクト・マネジャーの岡田信之さんによると、これは他社では通常アイドルストップ機能と呼ばれるもの。「xDrive35i」に採用された。停車時にエンジンが自動的に停止、次にブレーキペダルから足を離すと、その瞬間にエンジンが再始動する。

これの導入には2つの重要なポイントがあるという。ひとつは、オートマチックホールドとの組み合わせ。オートマチックホールドという機能がパーキングブレーキにあり、このスイッチをオンにしておくと、クルマが停車しているときに自動でパーキングブレーキが掛かり、ブレーキペダルから足を離していてもクルマが停車する。

これとエンジンオートスタートストップとを組み合わせることで、「クルマが停車した際、パーキングブレーキが自動で掛かるので、ブレーキペダルから足を離してもエンジンは止まったままとなります。発進するときは、アクセルペダルを踏むことでエンジンが始動し、サイドブレーキが解除され発進できます」。つまり、ブレーキペダルを踏み続ける必要がないのだ。岡田さんも『X3』に乗るときは積極的に利用しているという。

もう一点は、エンジンオートスタートストップ機能のオフスイッチがあることだ。「好みによってこの機能が煩わしいと感じる場合もあるので、その際は、オフにすることが可能なのです」。

これらの技術や、8速AT、ブレーキエネルギー回生システム、電動パワーステアリング、エンジンにおいては、バルブトロニック、補機類の可変電子制御を行なうことで、「xDrive35iは225kw(305ps)と、先代モデルのxDrive30iと比較して13%の出力向上、トルクは27%向上し、0-100km/h加速も1.8秒短縮」したという。

その一方で、「10・15モードで向上した結果、燃費は43%向上し、22年度の燃費基準を達成、27年度の燃費基準もクリアし、低排出ガス4つ星を獲得、エコカー減税の対象車となっています」。

そして、「xDrive28i」は先代に相当する「xDrive25i」と比較し、「最高出力で19%、トルクは24%の向上。0-100km/h加速も2秒短縮。その一方で燃費は15%向上し、22年度の燃費基準をクリア。排出ガスは50%の低減レベルとなりました」。

BMX X3《撮影 内田俊一》 BMX X3《撮影 内田俊一》 BMX X3 BMX X3 BMX X3