BMW 1シリーズ新型

早くも日本で発売となったBMW新型『1シリーズ』のエクステリアデザインでの大きな特徴は、陰影を持たせていることである。

BMWジャパンの広報室製品広報シニア・スペシャリストの前田雅彦さんによると、デザイナーが一番強調していたのは陰影をつけるための、彫刻のような彫の深さだという。

「光と影を表現するために、ボディに彫刻のように凹凸をつけ、全体的に迫力のあるデザインにしています。特に、サイドのドアハンドルに流れるラインと、サイドシルあたりからリアドアで蹴上がるラインで強調されています」といい、この陰影のあるデザインが、プレミアム感を表現しているという。

また、マーケティングプロダクト・マネージャーの金田雅志さんは、サイドのキャラクターラインについて、「先代モデルはドアハンドルより下に通っていましたが、最近のBMWモデルのトレンドでもあり、(新型は)ドアハンドルにショルダーラインが統合されるようにし、これにより力強い印象を与えています」という。サイドターンインジケーターがドアミラーに内蔵されたこともあり、すっきりと美しいサイドデザインになったと語った。

BMW 1シリーズ新型 BMW 1シリーズ新型《撮影 野口岳彦》 BMW 1シリーズ新型《撮影 内田俊一》 BMW 1シリーズ新型 BMW 1シリーズ新型《撮影 野口岳彦》 BMW 1シリーズ新型《撮影 野口岳彦》 BMW 1シリーズ新型 BMW 1シリーズ新型 BMW 1シリーズ新型 BMW 1シリーズ新型 BMW 1シリーズ新型日本発表会《撮影 野口岳彦》