9月24日12時から16時(日本時間)の米国衛星UARSの地上軌跡

NASA(米航空宇宙局)は25日、運用を停止した高度大気観測衛星(UARS)が北太平洋上で大気圏に再突入した、と発表した。NASAによるとこれまでに人的損害や物損の発生の報告は確認されていない。

大気圏突入は、時刻は米東部時間23日23時23分から24日1時09分(日本時間24日12時23分から14時09分)の間、場所はアメリカ本土西方、北太平洋と発表されたが、正確な時間と場所の特定はできていない。

UARS