将来の健康・病気、介護の不安の有無

将来の自分の健康や病気に不安を感じている人は7割近くいるのに対し、自らの介護に不安を感じている人は4割にも満たないことが、あいおいニッセイ同和損害保険の調べで明らかになった。

それによると、健康や病気に不安を感じていると答えた人は全体の66%あったが、介護に不安を感じていると答えた人は37.5%にとどまった。また将来の健康や病気の不安に対する備えについて聞いたところ、医療保険に加入していると答えたのは57%だった。

このため、あいおいニッセイ同和では、生命保険の世帯別加入率が90%を超えている現状からすると、医療保険に関して更なる普及の可能性があると分析している。

一方、介護に不安を感じていると答えた人に、その備えを聞いたところ53%が「特に備えがない」としており、介護についての理解が進んでいない現状がうかがえると、あいおいニッセイ同和ではみている。

介護の不安に対する備えの有無