スズキは、VWから通告された包括契約違反に対し、反論書を会長兼社長鈴木修の名で送付した。(写真:スズキ提携解消会見)《撮影 小松哲也》

スズキは22日、9月11日にフォルクスワーゲンAGから通告された包括契約違反に対する反論書を、マルティン・ヴィンターコルン取締役会会長に宛てて送付したと発表した。

反論書は一部紹介され、スズキがフォルクスワーゲンではなく、フィアットとディーゼルエンジンの供給で合意した経緯について、具体的に説明。契約違反通告の不条理性を訴えている。

同社は、フォルクスワーゲンAGに対し、9月30日までにスズキが契約違反を犯しているという通告を取り下げ、その旨を公表することを要請したとしている。

(写真:スズキ提携解消会見)《撮影 小松哲也》