フジ医療器《撮影 椿山和雄》

フジ医療器は22日、マッサージチェアの新商品『サイバーリラックス コンフォピットAS-750』を、10月20日から発売すると発表した。同社最上位機種のマッサージ機能をすべて搭載し、デザイン性に加え、コンパクト化を実現したモデルという。

AS-750は、近年人気が高まっているコンパクトでデザイン性の高いマッサージチェアの流れに沿いながらも、首・肩、背、腰、座、もも横、腕、脚の各部位と全身のマッサージに対応するフルスペックのマッサージ機能を搭載。

同社のハイスペックモデル『サイバーリラックスAS-840』と同等のマッサージ機能を搭載しながら、インテリア性を重視したデザインやコンパクト化を図った。また、先に投入した、工業デザイナーの奥山清行氏とのコラボモデル『KEN OKUYAMA モデル KN-15』と、最上位機種の中間を埋めるミドルレンジモデルとなる。

新製品AS-750の市場想定価格は約30万円程度と、上位機種より約10万円程度低価格化した。新製品の年間の販売目標は3万台、新製品の投入により同社全体の販売台数として年間8万台を目指すとしている。

フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》 フジ医療器《撮影 椿山和雄》