三菱ふそうの大型トラクタ、マフラーカバーが脱落するおそれ

三菱ふそうトラック・バスは22日、大型トラクタ「ふそう」のマフラーカバー(遮熱板)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2009年11月4日〜11年7月7日に製作された685台。

マフラーカバー取り付け金具の強度が不足しているため、走行時の振動で金具が破損し、マフラーカバーが脱落するおそれがある。

全車両、マフラーカバー取り付け金具を点検し、損傷がない場合は補強金具を追加する。金具が損傷していた場合は、対策品のマフラーと交換する。

不具合発生はなく、社内情報で発見した。事故は起きていない。