【BMW 1シリーズ 日本発表】コンパクトでありながらラグジュアリーな室内空間

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)が22日に発表した、フルモデルチェンジとなる新型『1シリーズ』は、従来モデルに比べホイールベースが30mm拡大されている。それにより後席の足元スペースが20mm拡大された。

BMWジャパン製品広報マネージャー前田氏は「コンパクトでありながらラグジュアリー感がある車。広い居住空間を実現し、閉塞感をなくした。ユーザーにはロングドライブを楽しんでいただきたい」と語った。

他にもインテリアの新しい収納機能として、フロント・センターコンソールのシフトレバーの前に2つのカップホルダーとトレーを装備、フロントのドアポケットにはボトルホルダーが、フロント・センターアームレストの下には収納トレーが装備された。

【BMW 1シリーズ 日本発表】コンパクトでありながらラグジュアリーな室内空間 《撮影 高木啓》 【BMW 1シリーズ 日本発表】コンパクトでありながらラグジュアリーな室内空間 【BMW 1シリーズ 日本発表】コンパクトでありながらラグジュアリーな室内空間 BMW 1シリーズ新型《撮影 高木啓》 BMWジャパン前田氏《撮影 杉江理》