GMのダン・アカーソンCEOとUAWのボブ・キング代表

GMとUAW(全米自動車労組)が、新たな労働協約で合意に達した。GMは2009年6月、経営破綻。労働協約の更新は、経営破綻後としては初となる。

UAWが20日に発表したところによると、UAWはGMが16日に発表した新労働協約を承認。新協約の内容は、収益に連動した報酬制度の導入、年金水準の維持、健康保険の充実などだ。

新労働協約の適用期間は、4年間。UAWは9月末に行われる組合員投票で、正式に承認する。承認されれば、UAWに加入するGM従業員約4万8500人に、5000ドル(約38万円)の一時金が支払われる。

またGMは、新労働協約により、全米で最大6400名の雇用創出を約束。GMのキャシー・クレッグ副社長は、「今後も米国の工場に対する投資を続け、米国民に雇用の機会を創出する」とコメントしている。