カシオ計算機のGPS搭載デジタルカメラ『EX-H20G』

昭文社のロングセラー登山用地図『山と高原地図』のデータが、カシオ製デジタルカメラに搭載された。

山と高原地図シリーズは、1960年より毎年発行を続けているロングセラー商品。谷や尾根、等高線や登山道を綿密に描き実踏調査に基づいた登山ルート・コースタイムなどを掲載、全国の名山約1500を紹介している。

今回、カシオは、『EX-H20G』用コンテンツとして、山と高原地図をデジタルデータ化したSDメモリーカード『山あるきデータシリーズ』を順次発売する。

山あるきデータシリーズでは、SDカードをEX-H20Gに差し込むことで、等高線入り地図(縮尺約2万5000分の1)と登山情報が画面上に表示され、登山コースや山小屋などの位置情報、展望箇所、撮影ポイントの把握など、山あるき時の写真撮影の参考情報として活用できる。

第一弾として、「奥多摩」「八ヶ岳」「槍ヶ岳・穂高岳」「白馬岳」「尾瀬」が9月29日より順次発売される。価格は各4000円。

なお、カシオのオンラインショップ「eカシオ」では、SDメモリーカードでの販売に加えて、同商品のダウンロード販売(各タイトル:2480円)も、10月中旬から実施。今後「MAPPLE山あるきデータベース」で収録している、他エリア版も随時販売される予定。

SDメモリーカード『山あるきデータシリーズ』