ツインエアエンジンを搭載するフィアット パンダ新型のデモカー(フランクフルトモーターショー11)

13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11。フィアットのブースの主役は、モデルチェンジを受けて登場した新型『パンダ』だ。

新型のハイライトといえそうなのが、「ツインエア」エンジン。これは、フィアット『500』に初採用された新世代2気筒ガソリンエンジン。排気量は900ccで、新型パンダには最大出力65psの自然吸気版、最大出力85psのターボ版の2種類が用意される。CO2排出量は98g/kmと、優れた環境性能を実現する。

フィアットブースには、ドイツのメルケル首相が視察に訪れた。そして、新型パンダを入念にチェック。中でもフィアット自慢の環境エンジン、ツインエアに興味津々といった様子だ。

実はフィアットは、欧州で最も環境性能の高いブランド。自動車コンサルタント調査会社、JATOダイナミクスの調べによると、フィアットブランドが2010年に欧州で販売した新車の1台当たりのCO2排出量の平均値は、2009年よりも4.7g/km少ない123.1g/km。乗用車単一ブランドとしては、4年連続で欧州最低だったのだ。

フィアットが満を持して発表した新型パンダ。ツインエアテクノロジーには、欧州CO2チャンピオンの意地が込められているようだ。

フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11) フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11) フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11) フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11) フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11) フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 フィアット パンダ新型(フランクフルトモーターショー11)《撮影 宮崎壮人》