AIU保険会社は、これまで日本国内だけを補償対象としている事業総合賠償責任保険にアジア向け生産物担保特約を新たに設定し、10月1日から中小企業を対象に販売を開始する。

日本国内の製造業者や販売業者がアジア向けに輸出した製品・商品が、仕向地で対人・対物事故を起こした場合に、法律上の賠償責任を補償するというもの。アジア地域向けの年間輸出売上高が10億円以下の事業者を対象とした特約となる。

アジア地域で発生した身体障害や財物損壊などの製造物責任(PL)事故に限定した補償とすることで保険料を安く設定したのが特徴。また加入時に複雑な告知書の申告も不要で契約しやすくしたとしている。